パラレルキャリア.インタビュー

パラレルキャリアの実例をご紹介!~パラレルキャリアインタビュー第3回~

第3回目のパラレルキャリアインタビューは、産業カウンセラーでもありキャリアコンサルタントでもある緒方布美子さんにインタビューさせていただきました。

人に寄り添う複数のお仕事をされていて、とても興味深いです!

Q1.今のお仕事について教えて下さい。

公益社団法人にて、市内のひとり親家庭の就業・自立支援に携わっています。
また個人として、対面とオンラインでのカウンセリングを行っています。

広報部:両方とも人の支援をされるお仕事なんですね!両方ともとても素晴らしいお仕事ですね!!

Q2.キャリアコンサルタントになるきっかけは?

以前から産業カウンセラーの仕事に興味を持っていました。

悩みを抱える相談者の気持ちに寄り添い、温かな支援をしたいという想いから養成講座で学びました。

働く方々の支援をする産業カウンセラーにとって、キャリアコンサルティングの知識は必要不可欠であると実感し、国家資格キャリアコンサルタントも取得しました。

広報部:お仕事をされてる中で、相談者のことをしっかり考えているからこそのキャリアアップだったんですね。国家資格の取得までされるなんて素晴らしいです!

Q3.お仕事と家事の両立で大変だと感じたエピソードがあればお聞かせください。

配偶者も私もフルタイムで働いていることから、それぞれが得意な家事を分担しています。

といっても最初から分担できていたわけではなく、長らく私が家事を抱えていました。

あれもこれも完璧にと頑張っていましたが、体調を崩しやすくなったことをきっかけに、家事の分担制度を導入しました。

「無理をせず、完璧を目指さない」がモットーです。

広報部:完璧を目指さないことはとても大切ですね。ご主人としっかり話されて家事の分担制度を導入された点は、見習うべきところですね。

Q4.時間の使い方で気を付けている事はありますか?

オンオフの切り替えが得意ではないので、意識的に仕事とプライベートの時間を分けるようにしています。

ありがたいことに、最近は一日オフという日がないので、好きな音楽を聴いたり、仕事以外の本を読んだり、公園を散策するなど、気持ちを切り替えるリフレッシュ時間をあらかじめ確保しています。

また、仕事を両立していくためには、健康管理が重要だと考え、睡眠時間をしっかり取るよう心がけています。

広報部:リフレッシュ時間を予め確保するというのはとても興味深いです!人気のカウンセラーさんですと、予め自分の時間を確保しておかないと、どんどん予約が入ってしまいそうですね(汗)

Q5.個人でカウンセリングをはじめたきっかけは?

20代の頃、乗り越えなければならない人生の課題を抱えて、カウンセリングを受けた経験があります。

カウンセラーの助けを借りて、気持ちを整理し前に進むことができたことから、カウンセリングの良さを多くの方々にも体感してほしいと考えるようになりました。

相談者が本来持っている問題解決能力や意思決定の力を成長させていけるような支援がしたいという思いから、職場の上司に相談したところ、個人カウンセリングの仕事を快諾していただき、スタートすることができました。

広報部:ご自身の経験からカウンセリングを始められたんですね!自分の中に成功体験があるからこそ、人にも勧められるのですね。個人でカウンセリングを始めることに関して、職場からの快諾も得られたことも元々の人徳があるからこそですね。

Q6.お仕事をする上でのポリシーなどがあれば教えて下さい。

「主役は相談者であり、支援者は黒子」ということを常に意識しています。

自分の感情や価値観を押し付けるのではなく、ご本人が何を望んでいるのかを観察し、丁寧にお聴きしながら、「相談者のため」になる支援を心掛けています。

広報部:素晴らしいポリシーですね!支援者は黒子に徹するというのは、相談者にとっても安心できる部分だと思います。自分の価値観を押し付けないというのは難しいことかと思いますが、きちんと考えてらっしゃる様子が伝わってきます。

Q7.二つのお仕事をされるメリットがあれば教えて下さい。

相談者に寄り添い、丁寧にお聴きする姿勢は同じですが、それぞれ仕事の内容や対象者が違っているので、支援者としてのスキルを高める上で勉強になっています。

例えば、ひとり親家庭の方々への支援は、キャリアコンサルタントとして就業や定着支援を主として行っていますが、個人ではカウンセラーとして、年齢や性別を問わず、自由テーマでお話しいただいています。

自分の引き出しを増やし、対応力を高めるために学ぶ機会を与えていただいていることに感謝しています。

広報部:それぞれのお仕事が、それぞれ可能性を広げ合ってる感じですね。お話聞いてるうちに、私も相談してみたくなりました!

Q8.パラレルキャリアで働いていて後悔したことはありますか?

後悔は全くありません。

むしろ、やりがいのある2つの仕事に携われる喜びを感じています。

どちらも「相談者の未来がさらに明るくなるお手伝い」であり、微力ながら関わらせていただけることが喜びです。

広報部:相談者の未来がさらに明るくなるお手伝い…言葉の端々に、相談者の未来に対する希望を持って接されてる様子を感じます。

Q9.パラレルキャリアとして働くモチベーション維持の秘訣を教えて下さい。

モチベーション維持はあまり意識したことがありませんが、それぞれ本当にやりたかった仕事に携わる幸せを日々実感できていることが、モチベーションを保つことにつながっているかもしれません。

また、疲れをためないこともモチベーション維持には欠かせないと思います。

夜の時間は最低限の家事で済ませ(笑)、とにかく睡眠時間を確保するようにしています。

広報部:睡眠時間の確保、先ほども仰ってたので本当に重要なことなのですね!忙しくなると睡眠時間削ってしまいがちですが、きちんと寝ることがパラレルキャリアとして輝く秘訣でもあるんですね!

Q10.これからパラレルキャリアとして働く方にアドバイスをお願いいたします。

一度しかない人生の中で、同時期に2つの仕事に携われる幸せを感じています。

私自身もパラレルキャリアとして働き始めたばかりですが、「好き×得意」で人の役に立てる仕事を見つけたおかげで、楽しく働くことができるようになりました。

これからパラレルキャリアとして働くことを考えておられる皆さまが「好きで得意なこと」に出会い、はじめの一歩を踏み出す勇気を持っていただけたら嬉しいです。

広報部:ありがとうございます!「好きで得意なこと」に出会うことが始まりであり、それが楽しくお仕事する原点なのだということを改めて認識させていただきました。

【編集後記】パラレルキャリアの実例をご紹介!~パラレルキャリアインタビュー第3回~

「好き×得意」でパラレルキャリアとしてご活躍の緒方氏。

今のキャリアに至るまでにも、色々考え、行動されてきたことを知ることができました。

行動を起こした者が「主体的な人生」を歩めるという実例とも言えますね。

緒方氏のように、今後資格を活かしてお仕事されたい方は、下記の記事も参考にしてみて下さいね。

>>育児中に資格取得!仕事復帰におすすめの資格5選!

パラレルワーカーの求人については、下記の記事でもご紹介しております。

>>パラレルワーカーの求人情報!おすすめサービス4選!

パラレルキャリアインタビュー、第3回目も素晴らしいお話、本当にありがとうございました!

☞パラレルキャリアインタビュー第3回 ゲストプロフィール

産業カウンセラー/
キャリアコンサルタント
緒方布美子氏

ポカポカ暖かな雰囲気で、相談者さまの抱える悩みを丁寧にお聴きする、ZOOMカウンセリング40分好評受付中!

お問い合わせはこちらをクリック

ツナグウーマンは貴方のパラレルキャリアを応援します!

女性、ママの新しい働き方を応援するエデュケーションサロン『TSUNAGU-WOMAN’s Salon』は中目黒にあり、中目黒、恵比寿、代官山の3駅どの駅からも徒歩圏にあります。開催講座にご興味がありましたら、お気軽にご相談ください。

●働く女性、ママの次世代の働き方を提案するコミュニティサイト
http://tsunaguwoman.com
●働く女性、ママの為の講座情報はこちら
http://tsunaguwoman.com/lp/

PAGE TOP