女性のライフ&ワークマガジン

子供とのコミュニケーション不足解消方法!ワーキングマザーは必見!

仕事も家事も両立し、毎日忙しいワーキングマザー。
充実した日々を過ごしている一方、どうしても出てくる問題が、子供とのコミュニケーション不足です。
仕事をしながら子供とのコミュニケーション不足解消を目指すママのために、4つの知っておきたいことをまとめました。

①子供のコミュニケーション不足解消には時間の長さよりもどう過ごすか!

子供が大好きなのは、ママの優しい笑顔!
そして子供の楽しそうな笑い声や笑顔は、疲れたママには元気の源になります。子育てで重要なことは、子供と長い時間をただ過ごすより、短い時間でもどれだけ心を通わせることができるかです。

1日の中で限られている、子供とのふれあいの時間。
楽しく密度の濃いコミュニケーションをとって、ママの疲れも子供の寂しさも吹き飛ばしてしまいましょう!

②子供のコミュニケーション不足解消のためにはみんなで家事をシェア

仕事から帰ってきた後の、家での貴重な時間。
ただ家事に追われるのでは、せっかくの時間がもったいないですよね。
家事はみんなで協力して、子供とのコミュニケーションの時間を作りましょう。

参考:イクメン気取りのパパにイライラ!?本物のイクメンを育てたい!

③子供のコミュニケーション不足解消にはお風呂!

お風呂は子供とのコミュニケーション不足を補うのに最適な場所です。
保育園や幼稚園、小学校で起こった出来事を聞いたり、子供が大好きな水遊びを楽しんだり。
裸でじっくり向き合うことで、子供もママも安らげるでしょう。

④子供のコミュニケーション不足解消には寝る前の時間に目一杯ラブラブしよう

お風呂の次にゆっくり過ごせるのが寝る前の時間です。
一緒のお布団に入ってママの愛情を感じることで、子どもは安心感を覚えぐっすり眠ることができます。
絵本を読んであげたり、秘密の話をしたり…。
「大好き」ということを伝えながら、たくさん抱き締めてあげてください。
そのまま一緒に朝まで寝てしまうのもいいですね!

【まとめ】子供とのコミュニケーション不足解消について

仕事も家事も全て完璧にしよう!なんて思わなくて大丈夫です。
しんどい時は家事を休んだって問題ないですよ。
ママが元気で笑ってくれることが一番!適度に手を抜くことも大切な事。
「完璧じゃなくてもまぁいいか!」で、無理しすぎず楽しくワーキングマザーライフを過ごしましょう。

時短家電も活用して、楽に家事育児を両立していきましょう!

参考:子育てママにおすすめの時短家電!~仕事復帰に揃える「三種の神器」~

女性、ママの新しい働き方を応援するエデュケーションサロン『TSUNAGU-WOMAN’s Salon』は中目黒にあり、中目黒、恵比寿、代官山の3駅どの駅からも徒歩圏にあります。開催講座にご興味がありましたら、お気軽にご相談ください。

●働く女性、ママの次世代の働き方を提案するコミュニティサイト
http://tsunaguwoman.com

●働く女性、ママの為の講座情報はこちら
http://tsunaguwoman.com/lp/


監修   TSUNAGU-WOMEN
代表 坂東枝美子
プロフィール


TSUNAGU WOMENsalonオーナー
株式会社EMINOWA 代表取締役

有限会社 新富ゴルフプラザ 専務取締役



大学卒業後ゴルフ会員権の営業ウーマンとして活躍

 その後、大手広告代理店を経て、妊娠・出産と共に家業であるゴルフ練習場の女性後継者となる。

子供の誕生を機に、父への感謝の思いから「父が創業した家業を次世代へ繋ごう」と家業のゴルフ練習場を継ぐ決心をする。

父親が創業した家業と並行しながら、自身も起業家となり女性起業家としての顔も持つ。


「女性が結婚、妊娠、出産とライフステージが変わっても輝ける社会を創りたい」との思いから、

ママからのゴルフを応援する「エミノワママゴルフクラブ」を立ち上げ、親子で英語とゴルフを学ぶイベントなど多数開催。
女性ゴルファーのママからの新しいライフスタイルを提案する。



 

仕事もプライベートも何かをあきらめるのではなく、やりたい事はどんどんチャレンジし一度きりの人生を丸ごと楽しもう!!
をモットーに


現在は家業と並行し、
次世代の女性の新しい働き方を応援する
「TSUNAGU-WOMEN salon」
他、様々なイベントやコミュニティを立ち上げ
自ら『パラレルキャリア』を実践。


日々のライフスタイルは地元の
『所沢』と『中目黒』の
2拠点生活〜デュアルライフにより
多拠点でコミュニティ活動の幅を広げている。


Ameba ●坂東枝美子ブログ

Twitter ●【女性応援コミュニティ】ツナグウーマン@広報部

関連記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。