女性のライフ&ワークマガジン

ボランティア活動から始まるパラレルキャリア!~活躍中の女性の実例~

パラレルキャリアとして活躍するには、ボランティアから始めてみるという方法もあります。

自分のスキルをNPO団体などに無償提供することを、プロボノと言います。

今回は、ボランティアとして参加していた団体のメンバーから、お仕事の依頼が増えてパラレルキャリアとして活躍するようになった実例についてQ&A形式でご紹介させていただきます。

Q. パラレルキャリアとして活躍する前のスキルや経験について

A. 元々は会社で事務として働いていました。

簿記を持っていたので、主に経理を中心としたスキルを持っていました。

ITの会社だったということもあり、パソコンを使った業務は人並み以上にはできていたと思います。

Q. ボランティア活動を始めようと思ったきっかけ

A. 元々困っている人がいるとほっておけない性格だったので、ボランティア活動は声がかかれば参加するという形でした。

自分で調べて参加するということをし始めたのは、ボランティア活動に何度も参加して、楽しさなどがわかってからになります。

最初は「こんな活動するので手伝ってくれない?」と知人からお誘いを受けたことが、ボランティア活動を始めるきっかけとなりました。

Q. パラレルキャリアへシフトするきっかけとなったボランティア活動

A. 東北の震災後に立ち上がった団体のお手伝いをすることになりました。

子どもの支援(子育て中の親)を支援するような団体だったのですが、元々の経理のスキルがあるので、団体の経理を手伝ってくれないかとお声がけいただきました。

あれだけ大きな災害があったにも関わらず、「自分は何もできなかった」と自分を責めていた最中にお声がけをいただき、「私にもできることがあるんだ」という自信に繋がりました。

それから団体の活動がきちんと回っていくように、経費などを集計したり、寄付金の計算をしたりと、お金の管理を含め任せていただきました。

ボランティア団体でしたので、活動に参加していると、被災されて支援した方々から感謝の言葉を直接聞く機会も多くあり、とてもやりがいがありました。

この団体でボランティア活動していたことが、パラレルキャリアへシフトするきっかけとなりました。

Q.ボランティア活動からパラレルキャリアへの道へ

参加していたボランティア団体は、理事や監事含め、主要メンバーのほとんどが経営者や大手企業で働く方々でした。

最初にお仕事のお話をいただいたのは、震災を機に大手企業を早期退職し、自身で事業を始められた方から、経理をお任せできないかというお話をいただいたことでした。

その時私はお仕事をしておりましたが、会社の了承を得て、ボランティア団体で一緒になっているメンバーの会社の経理も任せていただくこととなりました。

これが最初にパラレルキャリアとして働き始めるきっかけです。

さらに、団体の別のメンバーからも、「もし余力があるなら…」と経理業務について委託したいという相談を受けるようになり、フリーランスの方含め、6社と契約することとなりました。

ボランティア活動に参加し始めた当初は、お仕事をもらいたいという気持ちは全くなかったのと、自分自身がパラレルキャリアの方へ進んでいくとは思っていなかったので、本当に偶然が重なって今の私があるのだと感じております。

Q. パラレルキャリアとして活躍してもボランティア活動は続けたのか?

ボランティア活動は継続して続けております。

パラレルキャリアとして働き始めた以上、プロボノとして稼働してる時間はお金が発生しないので、損をしてしまうことになります。

しかし、このボランティア活動があったからこそ、パラレルキャリアにシフトできたし、元々パラレルキャリアに興味があったわけじゃなくても、今は複数の収入の柱ができたことに心から感謝しているので、引き続きボランティア活動は続けていこうと思っております。

何よりも、ボランティア活動を通して聞ける喜んでくれる方々の言葉は励みになります。

【まとめ】ボランティア活動から始まるパラレルキャリア!~活躍中の女性の実例~

パラレルキャリアとして活躍したい!となると、どうしても仕事!仕事!と営業活動や求人活動に動いてしまいがちですが、ボランティア活動が実を結ぶケースも案外多いようです。

社会貢献して、なりたい自分にもなれるのなら、それはたくさんの人々にとって素晴らしいことなのではないでしょうか。

パラレルワーカーとして働きたい方の求人については、下記の記事でご紹介しております。

パラレルワーカーの求人情報!おすすめサービス4選!

子育て中で外に出て働くのは厳しいという方は、在宅でできるお仕事についてもご紹介しているので、下記の記事をご覧下さい。

パラレルキャリアにおすすめの在宅ワーク10選

ツナグウーマンは貴方のパラレルキャリアを応援します!

女性、ママの新しい働き方を応援するエデュケーションサロン『TSUNAGU-WOMAN’s Salon』は中目黒にあり、中目黒、恵比寿、代官山の3駅どの駅からも徒歩圏にあります。開催講座にご興味がありましたら、お気軽にご相談ください。

●働く女性、ママの次世代の働き方を提案するコミュニティサイト
http://tsunaguwoman.com
●働く女性、ママの為の講座情報はこちら
http://tsunaguwoman.com/lp/


監修   TSUNAGU-WOMEN
代表 坂東枝美子
プロフィール


TSUNAGU WOMENsalonオーナー
株式会社EMINOWA 代表取締役

有限会社 新富ゴルフプラザ 専務取締役



大学卒業後ゴルフ会員権の営業ウーマンとして活躍

 その後、大手広告代理店を経て、妊娠・出産と共に家業であるゴルフ練習場の女性後継者となる。

子供の誕生を機に、父への感謝の思いから「父が創業した家業を次世代へ繋ごう」と家業のゴルフ練習場を継ぐ決心をする。

父親が創業した家業と並行しながら、自身も起業家となり女性起業家としての顔も持つ。


「女性が結婚、妊娠、出産とライフステージが変わっても輝ける社会を創りたい」との思いから、

ママからのゴルフを応援する「エミノワママゴルフクラブ」を立ち上げ、親子で英語とゴルフを学ぶイベントなど多数開催。
女性ゴルファーのママからの新しいライフスタイルを提案する。



 

仕事もプライベートも何かをあきらめるのではなく、やりたい事はどんどんチャレンジし一度きりの人生を丸ごと楽しもう!!
をモットーに


現在は家業と並行し、
次世代の女性の新しい働き方を応援する
「TSUNAGU-WOMEN salon」
他、様々なイベントやコミュニティを立ち上げ
自ら『パラレルキャリア』を実践。


日々のライフスタイルは地元の
『所沢』と『中目黒』の
2拠点生活〜デュアルライフにより
多拠点でコミュニティ活動の幅を広げている。


Ameba ●坂東枝美子ブログ

Twitter ●【女性応援コミュニティ】ツナグウーマン@広報部

関連記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。